2F7D0329-0043-4968-9A8C-4C5CA8AAD7FE.jpeg

植木
​GardenTree

 

職人による伝統的技術や独自の培養管理で作り出された樹姿の美しさは、近年では海外での人気が高い

職人が丁寧に手入れをした美しい樹木の造形は、ARTとして世界的に評価され、需要も非常に高い。輸出額も増加傾向であるが、反面、​国内需要が低迷し安定した経営が見込めないなどの理由により、後継者が減少していることに加え、生産や経営、高度な樹芸技術の次世代への継承が円滑に進んでいないため、栽培面積は減少傾向にあり、産地の維持が課題

david-wirzba-1153253-unsplash.jpg
9A196B84-32B6-4AE7-A3D6-CD13F095065C.jpeg
viviane-okubo-1341596-unsplash.jpg

明治・大正期に入ると欧米から多品種にわたる植物が導入され加えて市緑化の兆しも見え始め、それらの地域は4大植木生産地(埼玉県川口市、愛知県稲沢市、兵庫県宝塚市・大阪府池田市、福岡県久留米市と呼ばれ、今日に継承されている
明治・大正期以降になると造形木など庭園樹の需要が高まり、新興産地が全国各地で見られた。なかでも千葉県匝瑳(そうさ)市や神奈川県藤沢市(鎌倉や鵠沼(くげぬま) 地区の別荘地帯で需要が高まり、地形が平坦で、関東ローム層の土質が生産条件に適していた)が大きく発展した

戦後の緑化ブーム期では、三重県鈴鹿市が「サツキ」主体の単品目専作型の産地となり、日本一の生産量を誇る)が顕著な発展を遂げてる

引用:一般社団法人日本植木協会
IMG_6112.jpg
1AF85C17-51A1-47AA-AFCC-B5C7F26AE5E7.jpeg